Crisis

俺達は暗闇にとり残され 夜が明けるのを待ってたんだ
朝の光にてらされた時 風に吹かれてくずれてった
夜と朝のすき間を吹き抜ける 俺達は冷たい風

つぶされてひっそりと身をかくし ガキのままでいたいとつぶやいた
行き場を失くした俺達に この街の仕打ちはとても大きすぎた
目を覚ませば焼けついた街 流れ落ちる汗 たえられない狂ってる

裏切りがない訳じゃないから 優しい瞳の奥の罠
さがさないでくれ あの頃の俺達を 寒さに震え傷ついてるから
流れる時の中で 街も人も少しづつ変わってる

夜の灯は今でもともってる だけど昼を生きる奴らには見えはしない

全ての街が静かに動いているから この世界も変わってく
ガラクタとみせかけの優しさに 目がくらんでくずれてく
昼の街の動き そして夜の時の流れ 止められない

奴らに逆らう気はないけど 間違った事はしたくないんだ
勝ち目がないのはわかってるけど ひとりきりでも闘わなければ
FRIDAY 走り抜ける 夜の街 ひとりきり誰もいない

何も見つからないさみしい夜 あの頃の夢 幻だったと気付いたのさ
俺達の明日に嘘をつくよりも 何ひとつしゃべらない方が良かったね
サビついちゃいるけれど 君が大事にしてる街が朝をむかえる

自然な街の景色ならいいさ だけど目が覚めたら戦場だなんていうのは嫌なんだ

Turn a light on all the blues Don’t look back
Midnight crusin’ alone It’s too late ‥ I know
Searching for love again tonight

(1985年頃)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中