カテゴリー別アーカイブ: 未分類

Penco Card Stocker

100均でも買える120枚くらい収納可能な名刺フォルダを、最近はいくつか便利に使っていました。

しかし名刺が増える度、いちいち会社名順に「あいうえお」で並べて入れ替えるのも、面倒に感じてはいました。

所詮一冊では収納しきれないので、コンパクトには持ち歩けないし、そもそも名刺管理アプリのEightを使いだしたおかげで、名刺自体を常に携帯する必要もなくなってきていたのです。

そんな頃、ロフトでペンコのカードストッカーと偶然の出逢い(≧◡≦)

魅力的なフォルムに惹かれてしまい、寝てる時間も考えたあげく(送料無料で)セブンイレブンで引取りもできるオムニ7でポチリ、先ほど開梱の儀(笑)


台湾製ながらアメリカンなフォルムが、一般の名刺ボックスとは違うツールっぽさを醸し出していて素敵です。


たくさん収納できるようにとLタイプ(600枚)をチョイスしましたが、名刺が少ないうちは倒れた名刺がケースの側面に引っかかり、起こすのにストレスが掛かってしまい、正直使い勝手は最悪かも。。。

それでも殺風景なオフィスデスクにペンコがひとつあれば、なんだか仕事がもっと楽しくなるような、そんな気がするのですよ( ¨̮ )

広告

リフィルメーカー GP-6

カール事務器の手帳用穴あけパンチをインターネット通販で入手しました。

このGP-6のパッケージは凄く良くデザインさています。


(見る機会は少ないであろう店頭においての)アイキャッチもしっかり考えられていて、パッケージのマットな紙質も高品質を訴求するのに一役かっています。


以前ルーズリーフ用のパンチを使っていたこともあり、使い勝手自体は大差もなく簡単便利に利用できるものです。

本体にプラスチッキーな安っぽさもあまり感じられず、ひとつ手に入れておけば長く使えるものと思います。

システム手帳用のパンチなので、そもそも商品自体がニッチですし、数だってそれ程大量に出荷される類いのものではないように想像しますが、それでいてこのパッケージデザインや品質!

コスト掛けてるなぁーと感じる製品でした。

ダ・ヴィンチ グランデ アースレザー

いま使っている手帳に不満があるとすれば、メモページが少ないところくらいでした。それでも9割がたほぼ日手帳で更新するつもりの気持ちは固まっていたのですが。たまたまのぞいたハンズの手帳コーナーで、何十年も気に留めることのなかったシステム手帳に再び心を奪われました(笑)

社会人になりたての頃使っていたのはファイロファックスのバイブルサイズ。色々ノートの断捨離とかも出来て便利でしたが、コンパクトな反面、リングのある形状は書き込みする際の使用感があまりよくなかった印象もありました。そんなこともあり今回心惹かれたのはシステム手帳としては自身初のA5サイズ!

ダ・ヴィンチ グランデ アースレザーのリング25mm。デカいです、重いです、カバンに入れて持ち歩くのが大変そうです。でもA4資料を2つ折りでそのままファイル出来るのには夢があります( ¨̮ )!ネットでオーダー、昨日届きました、念のためしばらく日光浴させるつもりです。

A5サイズのリフィル関連はバイブルよりも各社展開が少ないようですが、今年はまだ選ぶ楽しみがあります。でもブックマークやリフィルガードとか使い始めにはお金掛かるなぁー。とはいえ来年から手帳物色にロフトハンズをさまようことが少なくなるのかと思うと少し寂しい気もします。

スマートフォンがこれほど普及して、資料の携帯や紙のアドレス帳管理が不可欠ではなくなった現代に、システム手帳の利点がどれだけ残っているのか?綴じ手帳に比べ有効に感じられる点はどこなのか?スマホとどのように共存していくのか?アナログ的な価値観を含め、自分に合っているのかどうか、しばらく付き合ってみたいと思います。

NB new balance ソール交換

気に入って履いていた576のソールがはがれてきたのでリペアを検討。

ニューバランスのメッシュブラックモデルは意外と少ないので、直るのであればもう少し履きたいなぁと思います。

20151212210230

対応可能かどうかまずはこちらに電話。

株式会社ニューバランス ジャパン

お客様相談室 Tel:0120-85-7120

問い合わせ受付時間 月~金曜日 10:00~17:00

※土・日・祝日および休業日を除く

型番告げるとソール交換出来るとのことだったので、今回は依頼品をニューバランス東京に持ち込み。

表参道の大通りから細いわき道に入ってすぐの店舗です。

ニューバランス東京

東京都渋谷区神宮前5-50-3 アーバンテラス青山

表参道駅 B2番出口 徒歩3分

Tel:03-5774-8576

営業時間 11:00~20:00(不定休)

同時にライニングまで交換すると金額も結構上がっちゃうので、今回は致命的箇所であるソールの交換のみ。

税込8,640円なり(値上がりした?)

M576JBKの色使いは特別で、同様のソールがないためレギュラーソールに交換。

これはまぁしゃあないか、ある意味人とかぶりにくくなりますしね。

修理における諸々リスクの説明を受け、伝票起票して10分くらいで手続きは完了。

ソール交換の際なくなる場合が懸念されるからと、インソールはその場で返却されました。

さぁて来年の仕上りが楽しみです!

【修理】捨てる前に確認して!ニューバランスはリペアで蘇る! – NAVER まとめ

【追記】2016年、ソール交換仕上がってきました↓↓↓後ろの部分が黒から灰色に

M576JBK

ジブン手帳

2013年版は気付いた時にはもう品切れで、2014年はぜひ使ってみたいと去年から思っていました。なのでAmazonで予約が始まるのと同時にオーダー、ジブン手帳デビューです。

先週実物が届いて中身を見てみると、意外とメモ欄が少ない感じ。ですが足りなくなったら別売りにもなってるIDEAノートを追加すればいいのでしょうね。

仕事上のスケジューール管理はサイボウズLiveを使っているので、予定管理のための手帳用途は実はあんまり重視していませんでした。ジブン手帳の予定管理はまぁ標準的で、それプラス、カジュアルというかパーソナルな書き込みやマーキングが出来るようになっていて、なかなかにフレンドリーな印象。

 

40137_170452012973726_7660037_n

 

そうそう結局5,000円くらい掛かりましたが、LAMY2000が修理復活してるんですね!

 

せっかくなのでジブン手帳とLAMY2000をセットで持ち歩きたいと思い、ペンホルダーの探索にロフトまで行ってきました!

 

位置決めをして、粘着力がありそうなベルトシールをカバー裏表に貼り付ければ出来上がり。バンド定規はあまり使わなそうなので、引き出しの中にイン(笑)まぁ手帳だし、実用的な感じでグッドです!

 

最近はといえばiPhoneが便利過ぎて、手帳の活躍する場面も少なくなった気はしますが、情報の一元管理や閲覧性という面で、スマホだけに集中させるのもまだまだ難しいのが事実。

何だかんだ手帳選び自体が面白かったりしますしね。とにかく一年間、ガシガシ使い倒してみたいと思います(^^)

 
ジブン手帳2014

ジブン手帳 Facebookページ

 

 

 

LEVI’S 501 SHRINK-TO-FIT

先日ベイサイドマリーナに行って探したけどサイズがなかった501、結局ネットで注文して今日届きました!

http://item.rakuten.co.jp/jalana/levis_501/

調べてみると日本企画の501はサイズの種類が限られているのに対し、どうもアメリカで流通しているモデルはレングスサイズのバリエーションが多いようで、ウエストサイズと合わせると80種類以上あるそうです。

自虐的でもなく残念な事実ですが、純日本人体型の私の場合、丈詰めするたびにデニムの巾着が作れるくらいの余り布が発生するので、レングスバリエが多く丈詰めが不要であるのは、要らぬ屈辱感からのストレス軽減になり助かります(苦笑)

まぁ洗い前の丈詰めは乾燥後のサイズに不安がありますし、洗い後の丈詰めは少し面倒だったりもしますしね。洗ったら思ったより丈が短くなってしまったりとジーンズでは時折しくじる事もありました‥

特に501はシュリンクトゥフィットと言われる通りシュリンクするのが前提ですが、「縮めて合わせる」には経験も必要で、それでも今はインターネットから入手出来る参考データも多く、今回は購入サイトの「縮め後サイズ」と今履いている505のサイズをすりあわせ、乾燥機で一気に縮める方法を前提にサイズをチョイスしてみました。

洗濯後、自然乾燥させる場合と乾燥機で乾かす場合とでは縮み率も異なり、乾燥機の方が縮み率は高く、また自然乾燥の場合は一度では縮みきらず、縮みきるまでに3~4回の洗いと乾燥が必要との情報もありました。

さっそくティアオフタブを切り取り、裏返しでぬるま湯に2時間浸けてから糊落としの洗濯。その後セオリー通りコインランドリーの乾燥機へ。2時間後のぬるま湯バケツは深ーいインディゴ色の水になってましたね。

んで結果、糊落とし前と洗濯後で縮んだ長さですが‥ウエストは6センチ(穿き伸びするので実際は2~3センチ)、レングスは7センチと、んーほぼ予想通り!

ジーンズですからやっぱりエイジングも楽しみたいですし、ただ平日は穿ける機会もあまりないので時間をかけてゆっくりですね。この歳になるとこういったモノと生涯あとどのくらい付き合えるのかと思うこともあったりして、贅沢する余裕はありませんが消費財として割り切るのも何だかで、愛着持てるアイテムと共に過ごしたいと感じる今日この頃です。

当選!

6月7月と金欠が続いたもんで、何年も同じ番号を買い続けていたロト6の購入をストップしてました。別にフツーに生活出来れば2億や4億なんてお金は必要なかったんだけども、けどでもどこかできっといつか当たるだろう‥といった根拠のない確信もあったりして(笑)購入ストップの間も、万一そのいつかが来たりすると悔しいもんで、一応毎回番号チェックしてたんです。

まぁ何ていうのでしょう、買ってる時に当たればいいのですが、使い途を考える間もなく、あっけないものです。よく「ちょい悪ちょい悪」と言われ、オヤジのことだろうと、まんざら悪い気はしていなかったのですが、ちょい悪なのは「運」だったのだと初めて気付きました。

あいや、億なんて当たってないですけど、「ちょい悪」ですから。16,000円くらいだったな買っていれば‥ あーあ‥